はじめての漢方

あまりの肩こりのひどさに整体かマッサージに行こうかと思っていたのですが、写真教室で知り合ったgraficoちゃんが偶然にもうちからわりと近くの漢方薬局でバイトをしていて、漢方を紹介してくれました。よく考えたら今回は肩こりですがいろいろと他にも体質的に不調を抱えたわたし。(基本的には病気もしないし、これまで交通事故に2回遭遇してるのに、入院経験はないという悪運?の持ち主ですが(苦笑)
ここは一度根本から見直してみるのもよいのでは?ということで行ってきました、漢方薬局。イメージ的にはお歳を召した方がたくさんいるのかな?という感じだったのですが、案外と30代くらい?の女性ばかりでしたね、今日は。ちょっと安心。

詳しい問診表を元に生活リズム、性格、顔色やら舌の状態、などなどたくさん自分の身体についての質問に普段あまり自分の身体を気にしてなかったことを実感。
丁寧な問診の結果、いくつか気になる部分が。今回の肩こりだけでなくなんとなく不調な原因がわかったようです。先生のほうからはいくつかどうかなという薬があるので、1週間をめどに試してみましょうということでした。その上でわたしの身体に一番あった薬を探すようです。
西洋医学の病院と違ってこういうスタンスの医療というのもいいですね。少なくともわたしにはあっているように思います。

元々アレルギーも少しあって、普通に市販されてる化粧品などがほとんど使えないので、アロマテラピーとかも勉強しにいったりして、自然から力をもらうようなものが好きです。
友人がホメオパシーの勉強をしていて、以前わたしに効きそうなものを処方してもらったら、もんのすごく効いて、びっくりしたことがあります。ホメオパシーは日本ではまだ馴染みがないですが、本場イギリスではエリザベス女王なども治療に使われてたり、保険もきくそうですから、日本でも広まればいいなと思います。あれはほんとにすごい。ペットにも使えますしね。

人間はちょっと傲慢になりすぎたのかもしれません。地球上の生物の中ではやはりちょっと異端というか、人間だけが「共存」という概念からはずれてきたような気がしてなりません。
健康でそこそこ長生きもしたいけれど、人間だけが「死んではならない」ということはないのですよね。「死」だけは人間がまだ他の多くの生物の仲間であるということを証明していてくれるのかも(わたしは千年も生きてたくないです(苦笑 そういう論文も発表されたらしいですが)
地球温暖化もそうですが、そろそろわたしたちも自覚しないといけないんですよね。自然から力をもらって生かされてる、それをしっかり認めないといけないような気がします。
[PR]
by luna_lunair | 2005-06-19 00:35 | わたし


<< スローでエコなご飯を食す 誰そ彼(たそがれ) >>