植田正治写真美術館

行って来ました!念願の植田正治さんの美術館です。
あまり写真家さんとか詳しくないわたしでも知っていた写真家さんの個人美術館。
コンクリート打ちっぱなしのモダンな外観の、思ったより大きな建物が大山の雄大な景色をバックに建っていました。周りは見事に何もなく、畑とか林とか、緑一色といった感じ。空は青くて、高くて、少し秋の気配の感じられるうろこ雲が出ていて、本当に気持ちいいロケーションの美術館でした。

今、植田正治さんの作品は2008年までという長期の予定でヨーロッパ(スペイン、イタリア、フランスなど)をまわっているそうで、美術館のほうでは「HOMAGE」というタイトルで、植田正治さんと交流のあった3人のアーティスト(歌手の福山雅治さんもはいっているので広く「アーティスト」としました)の植田さんを偲ぶ回顧展をやっていました。

それにしても…植田さんの写真やはりとても独創的ですばらしかったです。70歳を超えての作品のなんと瑞々しいこと!遊び心に溢れ、自由で、なによりもあの「トンガリ具合」が最高です!
古いとか新しいとかそういうことを超えた感性にはもうただただ己の頭の硬さに愕然とさせられ、ボロボロと風化した岩のごとくに崩れていくのを見るのみで…最高です、ほんと。
ヨーロッパにいっているほかの作品も見たいなあ。
[PR]
by luna_lunair | 2005-08-17 22:17 | 写真


<< キターーーーッ!!!!! お盆ですね >>