写真展『ZOO』いってきました

いつもアドバイスをいただいたりしてお世話になっている、高田トシアキさんの写真展『ZOO』にいってきました♪
この後の会期中いけそうになかったので今日の昼休みに抜けていってきたのですが、いってよかった!本物の動物園にいくより楽しくたくさんの動物たちの表情を見ることができました。
丁寧にカメラにおさめられ、大事にプリントされたたくさんの作品たちはほんとうに多くのことを語りかけてくれました。
「舞台を去る老俳優のように貫禄と、どこか重い疲れのようなものを引きずった象の後姿」
「光のマーブル模様の中で気持ちよさそうに泳ぐアシカ」
「壁にレリーフで刻まれた大きなコウモリと木々に、本物の樹が落とす妖しい影」
雪の上に点々と残された鳥の足跡が遠目に見ると、水中を隊列をなして「飛ぶ」ペンギンに見えたりして…
ほんとうに素敵な作品ばかりでした。それもやはり時間をかけて構図を作り、偶然という必然を待ち、丁寧に被写体と向き合って撮られた結果なのだなあと思います。
プリントのトーンもきれいでしたし、木や草の陰に隠れている動物たちまで浮かび上がってくるような不思議な感覚でした。
はー、もっと勉強しなくては。
高田さん、ありがとうございました。
[PR]
by luna_lunair | 2005-09-15 19:57 | 写真


<< 空コレクション〔4〕 チャーリーとチョコレート工場 >>