わたしはよくへんてこな夢を見ます。追いかけられて逃げたいのに足が進まなくてやたら怖い夢とかも。今朝また変な夢を見たのです…

*わたしは連れ去られた子ども?を探していました。捜査員です。仲間もいるようです。
あちこち聞き込みなどをして、どうやら目星のうちを見つけました。
中にそっと入ると…いました!捜していた子ども!わたしは犯人が帰ってくる前にその子を連れて逃げようとします。玄関は危なくてだめです。そこで窓から逃げることにするのですが、窓の外、下のほうになんとか足をかけれそうな10センチくらいの出っ張りがあるだけ。
でもここしかないのでわたしは窓から出て、なんとかその出っ張りに足をかけ、壁に張り付いたまま窓のほうに手を伸ばし、子どもにわたしの肩に乗るようにいうのです。
そんなことできるわけないと思うでしょう?でもその子は猫が変身してるだけだから猫に戻れば大丈夫なのです。
なんとかその猫をつれ、アジトから逃げ出すわたし。仲間に知らせなくては!と焦ります。
そうこうしてる間にも犯人が気づいて追ってくるのです。
必死で走った先に仲間の姿が!もう安心…
と、ここで終わるかと思ったら次はその猫ととある場所へ。そこはなぜか学校のようなところ。
めがねをかけたちょっと年配の女の先生がいます。これから猫の試験があるのです。
カーテンのひいてある中に入っていき、そこで呪文を間違いなく言えれば合格。
もし間違ったらなんと猫は「アイロン台」になってしまうのです!
順番が来てわたしの連れてきた猫がカーテンの中に。そして…しばらくたって中をのぞくとアイロン台が!!ああ、なんてこと!呪文を間違えたようです(涙
でもさっきの先生がちゃんと元に戻してくれるのでだいじょうぶ…といっていたところで目が覚めました。
あの猫はちゃんと元に戻してもらえたんでしょうか?(苦笑

d0025773_1334591.jpg

[PR]
by luna_lunair | 2005-10-27 23:05 | わたし


<< 鳥になる てくてく歩く >>