元気なのはいいけれど…

めっきり朝晩涼しくと言うか肌寒く感じる季節になりました。昼間はまだ暑いこともあるけれど、空気はすっかり秋ですね。
だんだんと寒くなってくるとにゃんこと一緒にぬくぬくと寝るのが楽しみというものですが、まだちょとだめです。というのもニーナの粗相癖が…(涙
なぜか寝室に入れるとふわふわの掛け布団の上でだけ粗相をするのです。いつもではなくこちらが油断した頃に、なので、なかなかいれてやることができず。
ああ、なぜ?
どういうわけか他のところでは一切しないんですよ。おトイレをちゃんと使ってくれるのです。
よくわからないので、近々フラワーレメディというのを処方してもらおうと思ってます。
フラワーレメディはわたしも毎日飲んでいる自然療法の一つ。ストレスなどが原因なら効果があると思います。
体はいたって元気。元気すぎるといいましょうか(苦笑
元気すぎるニーナからわたしは毎日足にアタックを受ける始末。攻撃にはいくつかのバリエーションがあり、物陰から一気に飛び出てわたしの足に蹴りorパンチを食らわせてから目にも止まらぬ速さで逃げていくもの(ヒットエンドランですね)、ひたすら柔道か相撲のようにわたしの足に抱きついて力比べをしようとするもの(忙しい朝はニーナを引きずりながら部屋を移動することに)、じーっとしていたかと思うとおもむろにガブッと噛んでくるもの(これは痛い)、腰の辺りによじ登ろうとするもの(これまた爪を切り忘れてたりすると相当に痛い)…
いや、元気なのはいいですけどね、ニーナさん。ともだちんちの元野良のオス猫ですらこんな激しい攻撃はしないっすよ?
わたしのことが嫌いなの?と悩んだこともありますが、わたしの行くとこにはどこにでもついてまわり、ソファやベッドにくつろいでいると体をピッと引っ付けてわたしの手を舐めたりするんですよね。君の気持ちをしりたいよ…猫の気持ちを通訳してくれる人はいないだろうか?
[PR]
by luna_lunair | 2006-10-10 22:48 |


<< 事件だ! ウォークマン携帯 >>