カテゴリ:音楽( 8 )

ウクレレはじめます

前回「これから夏休みー」なんていう記事を書いてから、暑い暑い夏を何とか乗り切り(それも相当楽しく)新学期がはじまって2ヶ月近くが経ちます。
学校が始まるとまた忙しく…試験やら学園祭やら。来月も試験が立て続けにあるので、勉強もぼちぼち始めているところです。
とはいえ仕事のある日はもう疲れて寝ちゃうんですけど(汗)

ところでうちにはもらいもののウクレレがありましたが、いまいち弾き方もわからないのでしまったままとなっていました。そんな折ひょんなことからうちのクラスにウクレレボーイがいることが判明!
早速「教えてー」と頼むと快く引き受けてくれました(^^)
先日河川敷であったクラスの有志によるバーベキュー大会がレッスン時間となりましたが、楽しかったですねー。
ちょうど気候もよく、暑くも寒くもないカラッとした気持ちよい一日。周りではクラスメートやその子どもたちが各々食べたり飲んだり、釣りをしたりと遊んでいて、そこにポロンポロンとウクレレの音色が…。
とりあえず一番簡単だからと「スタンド・バイ・ミー」を教わりました(^^)
ちょっとこれからはまりそう!そもそもハワイ(マウイ)好きのわたしがウクレレのひとつも弾けないといけんでしょう!と勝手な理由をつけたりしておりますがぼちぼち練習していきたいと思います(勉強しろー(苦笑)
なにかよい本とかDVDとかご存知の方、ぜひ教えてくださいましね♪
[PR]
by luna_lunair | 2010-10-23 02:59 | 音楽

ウォークマン携帯

こちらでもちょこっと書いたのですが、この夏ウォークマン携帯を買いました。
が!携帯に音楽を転送したりするソフトとパソコンの相性が悪く、ずっと使えませんでした。なんのためにわざわざ分厚いウォークマン携帯にしたと思ってるのよー!なんとかしてよ、auさん!
と、心で叫んで口には出さず、控えめに「他に何か考えられることはありませんか?」というのが関の山、ただいたずらに月日は過ぎていったのですが、このたび、ようやく、ようやく使えるようになりましたー!!♪♪♪パチパチパチ♪♪♪
ううっ、苦節一月半(うーん、案外経ってないな)、やっといつでも音楽生活がわたしのものにっ!
で、どうよ?ってことですが、やっぱり楽しい!ほんとはデザインとかいろいろ考えるとiPodも捨てがたかったんですけど、携帯と一体というのはやはり便利です。
わたしはなぜか腕時計をしない人で、携帯が時計がわりでもあり、ほとんど手放すことがないのです。だから別の音楽プレーヤーを持ち歩く必要がないのは身軽でいいです。
ちょっとリモコンコードの調節が出来ず、長いというのは不満ではありますが、それはまあ大目にみてもいいかなって。
さっそく夜のウォーキングに出動です。携帯ショップのお姉さんからおまけでもらったケース(ベルト通しなんかに引っ掛けれるようになっています)に入れて、デニムに引っ掛けるともう手ぶらで出かけられます。
時間も見れるし、メールや電話があってももちろんだいじょうぶ。こりゃあいい。
今夜は風が強かったけれど、大きな音で好きな音楽を聴きながら歩くとGOGO!って感じで、向かい風でもガンガン歩けちゃったのでした。うん、これこれ!
[PR]
by luna_lunair | 2006-10-02 21:16 | 音楽

Always on your side

Sheryl CrowとStingの”Always on your side"をiTunes storeにて購入。
Sting好きなので聴いてみたのだけれど、sheryl Crowとの共演もとてもよくて。
んー、癒される…しばらくヘビロテ確実。

d0025773_111937.jpg

[PR]
by luna_lunair | 2006-05-18 01:11 | 音楽

ウクレレ

先日友人よりウクレレを借りて、ちょっと教えてもらいました。これまで演奏したことのある楽器はピアノ、フルート、クラリネット。弦楽器は初めてです。
ギターを弾いてみたいと思ったこともあったけど、爪は弱いし、皮膚も薄いわたしには無理そうで(指切れそうだったので)諦めてたんですけど。
でも急にウクレレだったらそんな必死で弾かなくてもいい感じが「やってみようかな」という気にさせ、この夏も聴きまくった南国サウンドの余韻も手伝って、秋になったというのにウクレレ挑戦です。
いくつかのコードをぽろんぽろんと練習しているのですが、気分は「マウイの海辺で夕日を眺めながらウクレレを弾く、超リラックスモードのわたし」です(苦笑
そのうちフラダンスまで習いに行きたいとかいいかねません。南国はいいですね~♪
またマウイに帰りたい…あ、でも指先がちょっとヒリヒリしてる(ウクレレなのにー)
[PR]
by luna_lunair | 2005-09-13 20:45 | 音楽

静かな部屋#5

d0025773_2114233.jpg


夕べは最近にはめずらしくとても静かな夜でした。うちは川沿いのマンションなので、夏休みに入ってからというもの、毎晩のように若いコたちが騒ぎまくりです。最近は打ち上げ花火とか、音がすごいのありますよね?あれ。仕事人にはたまったものではありませんが、下手に注意して刺されたくないので…
その音を掻き消すためというわけでもないのですが、あまりテレビも見ないわたしは部屋では音楽を聴いています。ここ数ヶ月「キチャッテル」のがなんとBack Street Boysなんですよね。
前はそれほどでもなかったのですが、5年ぶりに復活した音を聴いてからがつん!です。何が起こったのかというくらいすっかりはまって昔のまで聴いています(苦笑
なんか久々にこの感じ。日々のストレスも少しは癒されているみたいです(笑

今夜もまた彼らの声に包まれて、本でも読みましょうか。
[PR]
by luna_lunair | 2005-08-03 21:11 | 音楽

悩みますね

ミュージックバトンていうのが流行ってるんですか?あちこちのブログで見かけるんですが、わたしも木蓮さんからまわってきましたので、やってみましょう(笑

 
Q1. コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
   
   コンピューターには入れてませーん

Q2. 今聞いている曲

   今現在かな?初花凛々 (SINGER SONGER )です。気持ちが軽くなるように。

Q3. 最後に買ったCD

   NEVER GONE(BACK STREET BOYS)

Q4. 良く聞く、または特別な思い入れのある5曲 

   この質問一番困っちゃう(^^; 5曲に絞れるか…

1.ボヘミアン・ラプソディ(QUEEN);衝撃の1曲。壮大なロックオペラに打ちのめされた10代のわたし。

2.MORALITY SLAVE(THE YELLOW MONKEY);ピアノ曲「月光」から始まる妖しい名曲。今聴いて好きな曲というと「楽園」とか「SO YOUNG」とかたくさんたくさんあるのだけれど、この曲や「真珠色の革命時代」とかデビュー前の名曲「WELCOME TO MY DOGHOUSE」、「フリージアの少年」あたりを聴いたときの思い入れとはちょっと違うかな?小さく暗いライヴハウス時代の彼らと、なんだか自分を取り戻しつつあったあの頃の自分を思い出して、静かな勇気がわいてくる曲(苦笑

3.星の生まれる日。(COCCO);COCCOも好きなアーティストです。繊細で強くて、痛々しくて。男性は苦手(重すぎるらしいですね)という声も聞きましたが、活動中止は残念でした。でもその後絵本を出したりして、「あ、元気なのね。よかった」って思いました。

4.Space Oddity(DEVID BOWIE);デビちゃんも1曲選べといわれると困ってしまうのだけれど、ZIGGY STARDUST時代のこの曲は捨てがたい。

5.LIBERTANGO(YO-YO MA);今なにか一つ楽器を習えるとしたらチェロかもしれません。ヨーヨー・マはクラシック界に一つの革命を起こしたと思っています。特にすばらしいのはこの人の技術だけではない人間的な魅力でしょうか。ジャンルの違ういろんなアーティストとのコラボレーション(ダンサーや、庭師というのもありましたね)を通して、真摯に「芸術とは何か、音楽とは何か」を追い求める姿には親しみと感動を覚えます。若手を育てることにも熱心で、NHKスペシャル「シルクロード」では世界各国から民族楽器も含めいろんな楽器の若い演奏家を選び、何年もかけて彼らがシルクロードで体験したこと、出会った人たちから得たものを持ち寄り、音楽を作っていくという作業をしたそうです。けして上から押し付けるのではなく、一人一人の感性を大事にして、人が人と出会うことによって起こる化学反応のようなものを心から楽しんで見守っている、とても素敵な人。

ああ、やはり絞りきれない(苦笑

Q5.バトンを渡す5名様。

   バトンを渡されてもプレッシャーになられてはいけませんので、このままわたしがアンカーです(笑 ごめんなさい。引き継いでいっちゃろ、と思う方がいらしたらどうぞ、おねがいいたします。
[PR]
by luna_lunair | 2005-06-27 22:15 | 音楽

音と出会う

最近音楽ネタが続いてるのですが、今日ふと最初に好きになった曲とかなんだったっけなーとか考えていました。
わたしの場合きっかけはわからないけれど、最初は洋楽が多かったみたいです。それもリアルタイムではないはずのグラムロック時代のデヴィット・ボウイ(「DIAMOND DOGS」と「HUNKY DORY」は名盤だ)とかQUEENとか。QUEENはいまでも大好き。去年キムタクのドラマなんかの影響もあり、またかなり流行ってましたね。ハードゲイばりばりなフレディにはちょっとひきながらも、やっぱり魅力的な歌声やドラマティックなメロディにはひきつけてやまないものがあります。
聴くとどこかみぞおちあたりがぐーっと熱くなります。「オペラ座の夜」を聴いたときの衝撃といったら。とりつかれたように聴いてたなあ(苦笑  

そんなフレディ・マーキュリーをテーマにしたバレエがあります。モーリス・ベジャールの「バレエ・フォー・ライフ」。これパンフレットでしか見たことないのです。かなり観たい!!再演してくれないかな。ぜったいいくのに!ロックとバレエ。音楽という共通要素をもちながらもまったく対極にある二つの芸術。この融合をこの目で見てみたい。

たくさんの音楽があり、次から次へと刺激し続けて流れていく。みんなそれぞれ思い出の曲があるんだよね。メロディを聴いたら「あっ!」っと思うのに、タイトルや誰が歌ってたのかどうしても思い出せない曲もあって、それでもその曲を聴いてた当時のこととかは蘇ってくるのだから音楽ってすごい。

今夜もまたニューオーダーを聴きながら
[PR]
by luna_lunair | 2005-06-02 23:16 | 音楽

気持ちいい音楽

うちの部屋には有線なるものがついてるので、部屋にいるときは大体何か音楽が流れています。たくさんのチャンネルがあるので、時間帯や気分でいろいろ変えるのですが、夜はだいたい落ち着くJAZZのことが多いです。ヴォーカル入りがお気に入り。とはいえJAZZにはぜんぜん詳しくなくて、気持ちいいから聞いてるだけで曲名も誰が歌っているのかもわからない。それでも心地よいのだからかまわないのです。
心地よいといえば、けっこう南系(勝手に命名)の音楽も好きです。沖縄の音楽とか、ハワイアンとかボサノバとか。時々ウクレレ欲しくなるくらい(笑 弦楽器ぜんぜん弾けないくせに(苦笑
ちなみに一番習いたい楽器はチェロです。ヨー・ヨー・マさんの大ファンでもあります。この話はまた今度。
話を戻して南系ですが、ボサノバの小野リサさん好き。あの魅力的な歌声、α波でまくりです。
気がつくとけっこうアルバム持ってたりして。ボサノバがいいのはもちろんなのですが、「ムーンライト・セレナーデ」などおなじみのナンバーを歌っているアルバムやハワイアンのアルバムなどもお勧めです。日本ではなかなかさわやかに暑い夏というのはないですが、気分だけでも。数年前に行ったマウイの風を思い出しながら楽しみます。また行きたいなぁ。今度はカメラがある。今のわたしはあの島でどんな写真を撮るでしょう?
[PR]
by luna_lunair | 2005-05-24 01:14 | 音楽