<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

意外な話

ね、眠い…こうしていても意識が遠のいていくようです(苦笑
お仕事ネタが続きますが、今日は学会がありました。ひょっとして今年は早く終わるのでは?という噂もあったのですが、やっぱり5時までびっちりありました(涙
なんでドクターより長時間講習があるんだよぉ(><)
ところで、今日の研究発表の一つに「インプラント」の話があったのです。インプラントはけっこう流行りというか、耳にされることも多いかと思いますが、簡単に説明すると入れ歯や差し歯のように人工的な歯を入れるのに、入れ歯のように目立たず、しかもしっかりと固定したいという場合の治療の一つで、顎の骨に磁石を埋め込み、これまた磁石の入った歯を磁力で引っ付けるというもの。ちょっと乱暴な説明ですが、こんな感じです。
しかしこの治療、顎の骨が歯槽のう漏で溶けてしまっている方には難しく、やろうとすると骨移植などをして顎の骨を再生してからということになります。
で、この骨移植の説明のところで、一つは自分の骨を使う(おとがいのあたりや、顎のはしっこあたりとかからとる)か人工骨を埋め込むというのですが、この人工骨を作っているところで意外な話がありました。今現在日本ではいくつかの医療器メーカーなどが作っていますが、その中に「京セラ」の名前が。まあ、これはなんとなくわかる気もしたのですが、近々新しくいい人工骨が出ると。そのメーカーがなんとペンタックス。一瞬「え?カメラのペンタックス??」って耳を疑いましたよ。そこはそのあとさーッと流れちゃったので、あのペンタックスかどうか確かめることはできませんでしたが、そうそうペンタックスなんて会社の名前はないような気もするし。気になる。
しかし「異業種」という垣根はもうなくなってきたんでしょうね。ほんとうにビジネスの世界は厳しそうで、わたしたち歯科医院でさえも病院でじっとしていてはなかなか生き残ってはいけないと、訪問診療にもでています。
寝たきりの方、人工透析、人工呼吸器など歯の治療に行くのが困難な方のお宅にお邪魔して、治療や口腔ケアのお手伝いをさせていただくのです。今日の学会でもこれからますます重要になっていくだろうということで、講習もあったのでした。高齢化がどんどん進む日本。これからどうなっていくのでしょう?どういう未来像をわたしたちは描くべきなのでしょうか?

ちょっと締めが重くなってしまいましたね(苦笑 でも訪問に行くと勉強にはなります。身体の自由がきかない方たちの懸命さに、小さな喜びに、その明るさに教えられることも多いのです。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-30 00:30 | 歯医者の受付

休ませてー(涙

明日からGWですね。しかし連休前の歯医者はてんてこまい。連休中に痛くなったらいけないから今日なんとか診てって、ぎりぎりになってこないでー!(悲鳴
それなら治療途中でほっとかないで真面目に来てー!(お願い
うちの少ないスタッフでは到底まわしきれないくらいの患者さんが次から次へと…。
10時間労働をこなし、ふらふらですよ。しかもしかも明日はお休みではないのです(涙 うちの医療法人で毎年恒例の学会とやらで、朝からスライド発表会だの、講習会だので、夕方まで。しかも代休なし。理事長のオニ!!

そんなこんなで今日はもう自分を甘やかしてしまいました。とてもいつものようにウォーキングに出る元気もなく、それなのにけっこうガッツリと夕食をとり、しかも患者さんからいただいたきんつばでお茶を一杯。ふぅ…ごめんなさい。夜なのに。だめじゃん、わたし(涙
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-28 23:41 | 歯医者の受付

風になる

d0025773_210456.jpg もうすぐGWですね。みなさんどこか行かれたりするんでしょうね。わたしは仕事が暦通りなので、まともに連休なのは後半の3連休だけ(しくしく)
それでもちょっと遠出してきます。ライカと一緒に愛車を飛ばして(笑

この季節になると大学時代に乗ってたように大きなバイクに乗りたくなります。車で走ってて、ツーリング中のバイクとすれ違ったりすると特に。わたしが一番バイクで遠出したのは九州かな。その時はわたしは関西の方に住んでいて、GWを利用して実家に帰り、バイクに乗って友だちと出かけたのでした。もうひとり高校卒業して東京に行った親友とも落ち合うことにして、それも三人とも行ったこともない九州自動車道のなんとかパーキングに何時ねーみたいな、ちょっと休日にデパート前で待ち合わせるような気楽さです(苦笑 それでもちゃんと時間通り落ち合えたのはすごかったなあ。
それから阿蘇のほうとか別府のほうとか北九州方面を走りました。阿蘇のあたりは気持ちよくて、ちょっとその頃元気のなかったわたしはずいぶんと気晴らしになりました。

バイクに乗ってるのを「風になる」なんていう表現をしたりしますが、実際乗るとちょっと違うかな?気持ちよく走れる時はそんな感じもしたりしますが、どちらかというと「風を切る」って感じ。けっこう体力いります。
バイクに乗って気持ちいい時期はほんとわずかだし。冬は寒くて凍えそうだし、夏は暑くても長袖着てないとやっぱり不安だし。今この季節あたりが一番気持ちいい。それでも雪が降ってもどしゃぶりの雨でも毎日バイクに乗っていたのはそれだけ好きだったんですね。車は大学卒業前にやっと免許をとりました。バイクの開放感を知ってしまうと車なんて窮屈で、閉じ込められてるみたいで苦手だったから。

就職して、普通におしゃれしたりしていく間にバイクに乗らなくなってもうずいぶんたちますが、たまに乗りたくなります。GWは特にバイクを見かけることが多いので、血が騒ぐかと(苦笑 また乗ることがあったら今度はBMWあたりのかっこいいバイクでゆったりと風になりたいな。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-28 02:42 | 宝石箱

ネスカフェの瓶と母の梅干し

できるだけドリップのコーヒーを飲むようにしていますが、忙しい朝等には簡単にインスタントのネスカフェを飲むことがあります。うちでは実家の両親がネスカフェ好きで、その伝統?をわたしも受け継いでいるようです(笑
受け継いでいるといえば、空になってしまった瓶はうちでは捨てません。ずっと前からあの瓶は空いたら洗っていろんなものにリユースすることになっているので、実家に持っていきます。すると実家ではかつおぶしや煮干しが入っていたりしますし、そろそろ毎年恒例の母の手作り梅干しや祖母のらっきょうなどが詰められて、わたしのところにやってきます。
今日うちで空いた瓶をいつものごとく洗おうと思ってふとラベルを見ました。そこには新しくなったよ!というようなことが書いてあります。
「持ちやすくなった」ふむふむ、それはよいことです。
「剥がしやすくなったラベル」えっ!?
おそらく最近のゴミ問題に関連して、ラベルも剥がしやすくと考えられたのでしょうが、わたしが思ったことといえば「ラッキー!やるじゃんネスカフェ。いつも水につけて剥がす大変さをわかってくれたのね♪(んなわけない)」
試しにやってみるとうそのようにきれいにぺろっと剥がれてしまった。すごい、感動。
リユースのためでなくてもうれしい改良でした。あの瓶口が広くて、ほんと使いやすいんですよ。液体入れても大丈夫だし、シリカゲルなんかといれとけば、湿気もこないし。
「ネスカフェの瓶=梅干し」がうちの常識。それぞれの家庭でこういう常識ってあるんだろうなー。そんなことを考えてフッと笑いながら瓶を洗いました。これからはすぐきれいになるからラクチン♪これには今年作る梅干しをいれてもらおう。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-27 01:08 | 知恵の輪

大会いってきました

先日茶道の大会にいってきました。とても大規模な大会で、何千人か来られていたようです。上の免状を持っている人に券が割り当てられた大会だったので、年配の方が多かった(^^;
お茶席がいくつかあったのでできるだけ廻ろうとがんばりましたが、結局3つ。それぞれでお菓子、お茶をいただいたので、けっこうおなかいっぱいになってしまった(苦笑
でも先輩にもお会いしたりして、楽しかったです。
中で印象的だったのが、三次支部というところのお茶席。三次というのは広島の中でも山間部の街なのですが、今回のお茶席のために美味しいといわれる三次の湧き水を運んでこられて、それでお茶をふるまわれていました。お菓子も三次にちなんだものを用意されていて、心づくしという感じでした。
茶道には「名水」でたてるお手前もあります。それは朝一番に清水を汲んできて、お茶をたてる前にまずは「今日はこの水をつかいます」ということで、お湯だけをさしあげるのです。もてなすということはどういう相手であれそれなりに気を遣うことですが、茶道をやっているとその心のありようというか、「ああ、そういうことなんだ」って思うことがよくあります。贅沢なことではないのですね。日本には素晴らしい四季があり、それを上手に取り入れることだけでもずいぶんと違います。豪華なテーブルフラワーでなくても野の花一輪をそっといけてみたり、かすかに香をたいておいたり、現代の洋風な生活の中でも生かせることはあるように思います。
堅苦しいイメージの強い茶道ですが、決まりごとの中にはちゃんと理由があります。そしてそれは「もてなし」のための決まりごとでもあるのです。やってみると楽しいですよ(笑
ちょっとお茶を飲みにいく気分でお茶席に出かけてみては?花見茶会は終わりましたが、これからも四季それぞれの花を見る茶会、七夕茶会、などなど茶道をやってない方でも気軽に参加できる茶会があると思いますから。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-26 00:55 | お茶の時間

紅の豚

TVでやってた「紅の豚」観ました。ジブリのアニメはたまに観ます。映画館にまではいかないけれど(苦笑
中でもけっこう好きなのが今回の「紅の豚」。舞台設定とか、あのノスタルジックな感じとか、ジーナの「ここでは恋愛はちょっと複雑なの」という台詞とか、なかなかにツボなのですね。マルコも豚なのにかっこいいし(苦笑

映画はそうたくさんは観てないのですが、いくつか心に残る作品があります。特に「アメリ」は何回も映画館にいって観ました。過去最高。自分を取り巻く世界とどこかうまく関わりあっていけないことって、自分がそれで仕方ないやって思ってしまったら、それはそれで楽ではあるんですね。臆病な選択ではありますが。アメリはそこを変えていけた、その途中の心の動きとか、もどかしさとかとても好きで、水になって流れちゃうあたりなんて「が、がんばれ」って思います。最後ハッピーエンドなので安心して観れるのもよいです。
あと何年か前観た「サイダーハウスルール」これもとてもよかったです。わたし的にはトビー・マグワイヤくんのはまり役だと思っているのですが、その後彼がスパイダーマンやったのには驚かされました。イメージが…(苦笑
それと好きとかどうとかじゃなくいつまでもなぜか残っているのは「シェルタリング・スカイ」。断片的にイメージが消えないのです。砂漠のシーンとかタイトルとかなにかがわたしの中にあるものと強烈に結びついているらしくて。不思議な作品です。

広島には素敵な映画館があります。小さいけれど、いつも独自の感性で上映作品を選んで上映されています。だからシネコンなんかでやるような作品はほとんどやりません。しかし、なかなか陽が当たらないけれど素晴らしい作品を観ることができるし、観客のことをよく考えられている環境作りなど共感できる部分がたくさんあり、よくいく映画館です。
「ロッキー・ホラー・ショー」の日本最終上映のときはお祭り騒ぎで驚いたけど、楽しかったなあ。映画館側で飲み物をただでくれたのはあそこがはじめてです(笑 観客がスクリーンの前でコスプレして踊っていたり、シーンにあわせて観客も新聞をかぶる、ライターで遠くの明かりをまねしてみせる、ライスシャワーをまく(すべて観客が自分で用意している)こんなことを許してくれる映画館。好きです(笑
(とはいえいつもあんなことしちゃいけませんよ(笑 あれは特別。あの映画だから、ですからねー。マナーは守りましょう。ついでにエンドロールもきちんと観て出ませんか?みんな急いで帰り過ぎ)
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-23 01:08 | 宝石箱

デニムマニア

今日は好きなファッションについての話。ワンピースなんかも大好きなのだけれど、とにかく好きなのがデニム。これはもう大学時代バイクに乗っていた頃からわたしの「制服」というか、一番わたしらしいファッションといえるかも。ここ数年は特に市民権を得たせいでいろんなデニムが出ていて、楽しいです。
1本欲しいのはダメージの激しいの(笑 ああいうのをさらりとかっこよく着こなしてみたいな。汚い感じになるのは嫌なので、そのあたりのさじ加減は要注意ですが。
(しかし最近のセレブ風とかいうのはちょっと好きになれません。なんだろ?ちょっと違う感じがします。なんでもかんでもセレブって(苦笑)

わたしは買い物はだいたい一人でいきます。心おきなく時間がかけれるし。
去年お気に入りのデニムブランドが広島にもできたので、よくいきます。(余談ですが、先月いったPhotodaysの時、講師のゆっきーさんが履いてらしたデニムとお揃いのをたまたま持っていたので、一人密かに「おー!!」って喜んでいたのでした(笑)
そのshopでいつもコーディネイトの相談にのってくれるのがサブ店長のMさん。身長190cmは超えている、おしゃれで楽しい男性です。しかし、このMさん着ること自体躊躇してしまうような超ミニスカやホットパンツなどを強力にプッシュしてくるのです。
Mさん「ぜーったい似合いますってー!」
いやいや、似合う似合わないじゃなくてヤバイってって感じなんですけど(苦笑
この間スイムウェアのDMが来ていたので三角ビキニを超強力にプッシュされるのが目に浮かびます。ひるみます(苦笑
Mさん、お手柔らかにね。

と、こういうやりとりも楽しみの一つなのかもしれませんね。自分で似合うものってよくわかってるつもりなので、基本的には自分の好きなものしか買わないけれど、たまには新鮮な自分が見つかることもあります。
見た目で人を判断することは、いい悪いは別にしてあって(ホリエモンさんてそういうとこ意地にならなかったらもっとスムーズにいくのにね)、着ているものって一つの表現でもあるからうまく使っていきたいですね。ファッションは楽しまないと、が基本ですけど。
ここでほんとはお気に入りのデニム(Poul&Joeのリメイクジーンズとか)の写真をアップしたいとこなんですけど、手違いがあってスキャナーのドライバがOSに対応してなくてできません(泣
早く光ファイバーの快適環境にしていろいろ拡張しなければ…。ぐすん。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-22 01:23 | 服と靴

ラヴ マスタード!

好きな食べ物はいろいろあるけれど、スパイスが効いた料理はけっこう好き。なかでも粒マスタードは好きで、よく使います。ヨーグルトと混ぜてドレッシングを作ることもあるし、特にお肉料理のソースに使うのがお気に入り。今日は先日作って「激うま!」と自画自賛したレシピを紹介します(^^)

《ポークソテーのマスタードソース》

 豚肉;ヒレまたはとんかつ用でもOK
 ソース;粒マスタード、白ワイン、水、コショウ

①豚肉には塩コショウをし、サラダ油で両面を焼いて(ちょっとこげめがつくくら   い)お皿に取り出しておく
②豚肉を焼いたフライパンに白ワインと水をそそぎ火にかける(それぞれの量は適当に。1人前でコップ半分くらいかな?)
③沸騰してきたら粒マスタードを大さじ1〜2(好みでどうぞ。わたしはけっこう大胆に投入します(笑)入れ、ちょっと煮詰める感じに。味見をして、コショウ少々、隠し味に砂糖小さじ半分くらいいれる。
④お皿に盛った豚肉に③のソースをかけてできあがり!ボナペティ♪

もう一つ粒マスタードを使ったソースのレシピがあるのですが、こちらはインパクト大なのでまたの機会に(最初見た人はちょっとひるみますが食べた後の評判はとてもよいのでご安心を)
粒マスタードを使ったレシピ、知ってる人教えてくれるとうれしいです♪
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-20 23:35 | 知恵の輪

身体を動かすこと

2週間くらい前からウォーキングをはじめました。10代の頃運動を止められて以来、まともに運動なんかしたことのないわたし。中学の時はテニス部に入っていてけっこう有望?だったのですが脚がなんかおかしいと思い病院にいって検査したら股関節に少し異常があり、このまま運動を続けると30歳の頃には歩けなくなるといわれて泣く泣く辞めました。それ以来一時水泳には通ったけれど、ほとんど運動してません(きっぱり)

でもやはり少しは意識して身体を動かすということをしないと身体に悪いと最近実感し、せめて歩こうと。仕事から帰ってすぐ歩きに出て、最低30分を目標に歩いています。今日はがんばれたので1時間。
最初は続くかな?と思ったけど、できるだけ毎日つらくない程度に続けていると、楽しくなってきました。もともと歩くこと自体はあまり苦じゃないから、あとは続けることなのですよね。歩くことができるようになると帰ってからもう一仕事?というか、仕上げにヨガもできるようになりました。ヨガは1年前からちょこちょこやってたんですけど、時々さぼっちゃったりしてたのが歩いてからなら続きって感じで不思議と続けられています。

身体を動かしはじめると食べたくなるものとか、食べる量とかも変わってきました。食べる量が増えたかって?それが減ってるんですねー(苦笑
わたしはもともと3食しっかり食べる派なのですが、今朝なんて身体が食べたくないといってるみたいな気がして思いきって食べないで(ミルクは飲んでいったけれど)仕事にいきました。いつもは10時過ぎくらいに「ちょっとおなかすいたなー」って思うんですけど、今日は食べてないのにおなかがすかない。不思議。お昼はきちんと食べて、夜も歩いたあと食べたけど少なめで大丈夫でした。

なんか思ったのはこれまでは頭からの信号で食べてたみたい。おなかすいててもすいてなくても、「時間だから食べよう」ストレスたまって「甘いもの食べたい!」って感じで。それが身体の声がきけるようになってきたのかもしれません。おなかすいたから必要なだけ食べようって。歩いて気分もスキッとするのも大きいんでしょう。これまで胃の中になんかいつもものが入ってて苦しかったのかな?(苦笑 そのことに気がつくようになってきたようです。
健康的にきれいなスタイルになりたいな。
あ、歩くと発見もたくさんあって、写真の題材が見つかるところもオススメ。
 
今日は元気にJLOがBGMです。そういえばハリウッド版「Shall We Dance?」どうなんだろう?リチャード・ギアは嫌いじゃないけど…。さえないサラリーマンやるにはかっこよすぎる気がするし、JLOと草刈民代じゃイメージが違い過ぎてこれも想像できませぬ(^^; 誰か観た?ハリウッド映画観ないんだな、ほとんど。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-20 00:27 | わたし

薔薇のつぼみ

うちのそうたいして広くはないベランダでいくつかの植物を育てています。数えてみたら、ベランダだけで12鉢(室内で観葉植物5鉢)。ちょっと多いですね(苦笑
引越しの時もってきたのは5年くらい育てている薔薇2鉢と、オリーブ1鉢くらいだったのですが、なんだか増えてしまって。特に薔薇は好きで、今では4鉢。
薔薇は大変種類が多いですが、わたしが育てている種類はどれもオールドローズ系の一季咲きといわれるもの。一年のうち花が咲く時期が一度です。四季咲きのものであれば冬以外はかなり長い間花を楽しむことができるのですが、一季咲きのものに好きなのが多いのですね。色も形も優しくてやわらかだから。
その一年一度の時期がそろそろやってきます。昨日水やりの時みたら小さなつぼみがついていました。中でもうれしかったのは母がさし芽をしてわけてくれた、かなり原種に近い白ばらにつぼみがついていたこと。このコはもう2年育てているのにこれまで一度もつぼみをつけたことがなかったのです。ようやく咲いてくれるのかとほんとうにうれしくなりました。
薔薇はとても手のかかる植物です。特に鉢植えではたくさんの肥料が必要な薔薇はすぐ栄養不足になってしまうため、毎年1月から2月の一番寒い時期に鉢の土をすっかり代えてやる必要があります。これがつらい!真冬に根の間の土まですっかり洗い流して、新しい土に植えかえないといけないから。その後も病気や害虫に気をつけてやり、鋭い刺にひっかかれながら育てて、花が見れるのがほんの半月ほどでしょうか?
わりにあわないといえばそうかもしれませんが、この半月の喜びは大変さを差し引いてもあまりあるほどで、やはりこれからも大事に育てていこうと思うのです。
「育てる」ということは好きでないとできませんね、植物であれ、人であれ…

これからしばらくの間わたしの写真は「薔薇ばっかり」になります(笑
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-18 22:32 | 花と葉