<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ニーナさんカラスと戦う??

今日はマンションの大掃除の日で、朝からデッキブラシなどをもって住人の皆さんと汗を流しました。年末の大掃除は寒くて冷たくてほんとにつらいけど、今日みたいに暑いとけっこう気持ちよく掃除できました。
ちょいと疲れて夕方ソファーでお茶を飲んでたらいきなり寝ていたニーナさんが窓枠に飛び乗り、網戸だけにしていた隙間に手を引っ掛けて「ギャッ!!」といったものだから驚いて見ると窓の外にカラスが!!
きゃー!!ニーナさんがやられる!(か、網戸をつきやぶって9階から落ちちゃう!!)とニーナを窓から引き剥がし、すぐ窓を閉めました。
ふぅ…。驚くじゃないか。
そういえば最近マンションの掲示板に「階段を利用される方は注意してください。カラスが襲ってきます」の張り紙が…どうやら屋上にでも巣を作っているのか?
うちはけっこう窓のすぐ外をトンビとか飛ぶことがあって、「おー、すごーい」と思うのですが、カラスは嫌ですねー。ニーナさんも外に鳥がいると落ち着かないので、これからの季節窓を開けるのは気をつけなくては。
とりあえず、ニーナさんは無事ですが、網戸にちょこっと穴が開きました(涙
[PR]
by luna_lunair | 2007-05-27 19:54 |

浴衣

先日実家から置かせてもらっていた着物や帯や浴衣などを引き取ってきました。
母が着物好きなもので、いつの間にかわたしのものもたくさんあつらえてあり、タンスに入りきらなかったのです。
衣替えを機にえいやっと洋服を袋一杯捨てて、なんとか着物のスペースを拡げました。
来月にはもう浴衣を着るお祭りもあるので浴衣を出して整理していると、懐かしい浴衣が出てきました。
それはわたしが大学を出てすぐ大阪のとある企業に就職していた頃いただいたもの。
その頃のわたしは最初入っていた会社の寮をでて、京都に近い街で一人暮らしをしていました。
仕事もなかなか充実していたし、体力もあったし、ほとんどうちと会社の往復の暮らしでしたが、わたしが一番強かった時代だと思います。大人だったというか(苦笑
そんな時隣町の京都に住む年配の女性と知り合いました。うちの母よりも一回り年上くらいだったかな?
その女性も一人暮らしで(離婚をして2人の息子は夫の方にいるとのこと)娘もいないというので、わたしのことをとてもかわいがってくれました。
休日など時々遊びに行くと美味しいお好み焼きとか一人ではできない鍋ものとか、山盛りのカニ!を食べさせてくれたこともありました。あといつもコーヒーをいれてくれるのですが、大きな食器棚に何十というカップが飾ってあり好きなのを選ばせてくれたり…わたしも「(京都の)おかあさん」と呼んでいたし、おかあさんも娘のように思っていてくれたのだと思います。
おかあさんと知り合って1年程も経った頃わたしは広島に帰ることになりました。
するとまるで嫁に出すかのように色々なものをもたせてくれ、中に浴衣と帯がありました。
いつか息子の嫁にでもと反物を買って持っていたとのことで、それを仕立ててくれたのでした。
今ではなかなか見ない総絞りの藍の浴衣でした。

久々に畳紙から出した浴衣は昔を思い出させ、そっと撫でた絞りの手触りは「ぽこっぽこっ…」としていて、どこかわたしの心のように感じられました。
今年の夏はこの浴衣を着よう…ちょっと涙が出そうになるのをこらえながらそう思いました。
[PR]
by luna_lunair | 2007-05-18 20:18 | 宝石箱

独り言など

「わたし」ヲ構成シテイルモノハナンデショウ?
細胞ノ一ツ一ツニわたしノ精神ハ宿ッテイルノデハナイヨウデスガ、ソレラノ集合ガわたしナノニオカシナコトデス。
わたしハわたしデアリナガラわたしノ思イドオリニハナラナイノハナゼ?
わたしハコノ肉体ニ閉ジ込メラレテイルノデショウカ?
わたしトハナニ?
イツカコノ肉体カラ離レル時、「わたし」ハ喜ブノデショウカ?
ソレトモ寂シクテ泣クノカナ…

d0025773_20395587.jpg

[PR]
by luna_lunair | 2007-05-11 20:40 | わたし

ああ、やはり…

楽しみにしていたGWも終わっちゃいましたねー(涙
結局毎日なにかしら予定が入り、うちでゆっくりする間もなかった休日でした(それはそれで幸せとも言えるかな?
3日には宮島でのミニ写真展の会場でひたすら観光客の呼び込み、4日は衣替え、5日は母の買い物の御供、6日は友人とバレエの発表会を観に…我ながらよくやった。
楽しかったので疲れたけど良しとしましょう。
せっかく衣替えをしてタンスが少し空いたと思ったら実家の母から「着物持って帰りなさいよ」と。どひゃー!そうだった!
置き場がなくて実家に置かせてもらってた着物やら、帯やら、浴衣やら、それに加えて母の使わなかった帯とかもらって帰り、入れたらあいたスペースはなくなりました。がっくし。

そんなこんなのGWでしたが、ただでさえだるいGW明け、予想通りというか恐れていた通り急患の皆様が…「取れた」の「腫れた」のと…ううう。お願いですからお休み前に来てくださいよ。
おまけにレセプト(保険の診療報酬請求書です)の締め切りが何があろうと毎月10日必着!
焦りまくりです。わたし一人でやらなきゃいけないのです。おーまいがっ!
でもうちにまで持って帰りたくありません。必死です。
ちょっと急患の人が来るたびに顔が引きつってたかもしれません。ゴメンナサイ、ユルシテ。

今週はながいです。がんばりましょう!
[PR]
by luna_lunair | 2007-05-09 00:53 | 歯医者の受付