意外な話

ね、眠い…こうしていても意識が遠のいていくようです(苦笑
お仕事ネタが続きますが、今日は学会がありました。ひょっとして今年は早く終わるのでは?という噂もあったのですが、やっぱり5時までびっちりありました(涙
なんでドクターより長時間講習があるんだよぉ(><)
ところで、今日の研究発表の一つに「インプラント」の話があったのです。インプラントはけっこう流行りというか、耳にされることも多いかと思いますが、簡単に説明すると入れ歯や差し歯のように人工的な歯を入れるのに、入れ歯のように目立たず、しかもしっかりと固定したいという場合の治療の一つで、顎の骨に磁石を埋め込み、これまた磁石の入った歯を磁力で引っ付けるというもの。ちょっと乱暴な説明ですが、こんな感じです。
しかしこの治療、顎の骨が歯槽のう漏で溶けてしまっている方には難しく、やろうとすると骨移植などをして顎の骨を再生してからということになります。
で、この骨移植の説明のところで、一つは自分の骨を使う(おとがいのあたりや、顎のはしっこあたりとかからとる)か人工骨を埋め込むというのですが、この人工骨を作っているところで意外な話がありました。今現在日本ではいくつかの医療器メーカーなどが作っていますが、その中に「京セラ」の名前が。まあ、これはなんとなくわかる気もしたのですが、近々新しくいい人工骨が出ると。そのメーカーがなんとペンタックス。一瞬「え?カメラのペンタックス??」って耳を疑いましたよ。そこはそのあとさーッと流れちゃったので、あのペンタックスかどうか確かめることはできませんでしたが、そうそうペンタックスなんて会社の名前はないような気もするし。気になる。
しかし「異業種」という垣根はもうなくなってきたんでしょうね。ほんとうにビジネスの世界は厳しそうで、わたしたち歯科医院でさえも病院でじっとしていてはなかなか生き残ってはいけないと、訪問診療にもでています。
寝たきりの方、人工透析、人工呼吸器など歯の治療に行くのが困難な方のお宅にお邪魔して、治療や口腔ケアのお手伝いをさせていただくのです。今日の学会でもこれからますます重要になっていくだろうということで、講習もあったのでした。高齢化がどんどん進む日本。これからどうなっていくのでしょう?どういう未来像をわたしたちは描くべきなのでしょうか?

ちょっと締めが重くなってしまいましたね(苦笑 でも訪問に行くと勉強にはなります。身体の自由がきかない方たちの懸命さに、小さな喜びに、その明るさに教えられることも多いのです。
[PR]
by luna_lunair | 2005-04-30 00:30 | 歯医者の受付


<< ままならぬこと 休ませてー(涙 >>