バレエ

今日テレビで「ローザンヌ国際バレエコンクール」の模様をやってました。実はバレエ好きなんです。自分ではやったことないのですが、憧れはあって。

このコンクール、15歳から18歳までの若手ダンサーのためのコンクールで、単に順位を決めることが目的というよりは、若手ダンサーに勉強のチャンスを与えることが大きいコンクールです。前からこのコンクールを観るの好きです。というのも将来が楽しみな若手を観ることができるし、論評がわかりやすいのも参考になるのです。以前は海外で放送したものを通訳がアテレコした番組で、名物批評家(女性)の論評をそのままやってたのですが、そのおばさん(あえておばさんといわせてもらいましょう(苦笑)かなり辛口なコメントをするので、それも楽しみ?の一つでした。スタイルが悪いとか平気でいいますから(苦笑 そのうち「顔が悪い」までいいだすんじゃないかとはらはらするくらいでしたが、創作ダンスの出来が悪いと「こんな振り付けじゃあダンサーがかわいそうだわ」とか、バレエとダンサーへの愛情は感じられたものです。

で、このコンクールでいい成績をとることによってなにを得るのか。それはまさにチャンスなのです。希望するバレエ学校に1年間留学することができる。代わりに賞金もあったと思いますが、これを選ぶとまたあの辛口おばさんの辛らつなコメントが待っています(苦笑 「こんなチャンスを棒にふるなんて、なにごとなの?!」って具合。

今年は日本人ダンサーはだめでした。理由は技術は高いのだけれど、表現力が足りないこと。無難に終わってしまうこと。なんだか日本人の弱いところをつかれたようで、ちょっと他人事とは思えませんでした。バレエダンサーは自分を芸術家だと自覚しないといけないといわれていました。身体を使った自己表現なのですから。厳しい世界です。「完成はない」といわれる通り、ダンサーであり続けることは並み大抵ではないようです。「これでおしまい」とシューズを脱ぐまではずっとずっと自分との戦いなのでしょう。そういう意味でも森下洋子さんは尊敬します。インタビューなど見ると人間的にも魅力的な方のようですが。

久々に舞台を生で観たいな。今まで観た舞台で一番感動したのはモーリスベジャールバレエ団の「突然変異X」。あと、シルヴィ・ギエムの「ボレロ」と「ルナ(月)」。
でも一番好きなダンサーはマリー・クロード・ピエトラガラです。男性だと小林十市さん。ああ、観たいなー。最近いけてません(涙
[PR]
by luna_lunair | 2005-05-01 21:29 | 宝石箱


<< 美しき直島 ままならぬこと >>